メインメニュー


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


ゴケグモ類のメーリングリストが始まる!
セアカゴケグモやハイイロゴケグモが分布を拡大しています。最近でも東京都でセアカゴケグモが見つかりました。関東地方でも普通種となるかもしれません。

ゴケグモ類の分布拡大により、関係機関への問い合わせが増えることと思います。そんな時にこのメーリングリストに入っておけば、最新の情報が得られます。年度途中の参加は無料ですから、ぜひご参加ください。

参加を希望される方は、
gokegumo@gmail.com
へ登録するメールアドレスから「ML参加希望」というタイトルのメールをください。


セアカゴケグモ京都府における記録 【カテゴリー:分布anchor.png

 次の地点で生息が記録されています.これ以外の記録をご存知の方は,どうか管理人までお知らせください.

市町村地点メッシュコード年月日発見者性別・数公表機関出典備考報告者
1相楽郡加茂町(備考1)JR加茂駅東(備考2)5235-06-9920051010吉田政弘27成体・卵嚢16個京都府2005年10月11日付報道発表(051011-09号)2005年10月12日付新聞各紙京都府初記録清水裕行
2加茂町駅再開発地域12住民1成体・卵嚢5個京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」
3相楽郡木津町(備考1)木津川台6丁目(備考3)5235-06-82住民1幼体京都府2005年10月14日付報道発表(051014-01号)2005年10月15日付新聞各紙木津町初記録
4加茂町加茂町駅再開発地域5235-06-99177個体京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」
5宇治市伊勢田町・近鉄伊勢田駅東側5235-26-5118従業員1♀(死骸)京都府2005年10月18日付報道発表(051018-06号)2005年10月18日付新聞各紙宇治市初記録
6木津町大字市坂小字久保川(備考4)20069151成体京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」
7梅美台2811成体・卵嚢多数
8向日市「上植野町(かみうえのちょう)」・三菱電機京都製作所5235-35-161015従業員1成体京都府2006年10月16日付報道発表2006年10月17日付新聞各紙向日市初記録
9京都市南区上鳥羽塔ノ森柳原・桂川緑地久我橋東詰公園5235-35-5820住民8♀・1♂・35幼体・卵嚢7個2006年10月21日付新聞各紙京都市初記録
10伏見区葭島金井戸町・府立伏見港公園5235-36-0020〜21332成体・106幼体・卵嚢318個2005年10月27日付新聞各紙伏見区初記録
11宇治市広野町・山城総合運動公園(太陽が丘)5235-26-1*26100個体以上京都府山城北保健所
1227約300個体2006年10月28日付新聞各紙
13城陽市寺田奥山・総合運動公園(鴻ノ巣山運動公園)5235-26-24297成体・卵嚢191個京都府城陽市初記録
14久世郡久御山町大字佐古小字外屋敷(備考5)11211♀京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」久御山町初記録
15八幡市木津川河川敷20074271♀八幡市初記録
16長岡京市下海印寺8281成体長岡京市初記録
17相楽郡精華町光台3丁目9422成体・卵嚢28個京都府山城南保健所2007年9月6日付新聞各紙精華町初記録
18765成体・卵嚢20個京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」
19木津川市梅美台1丁目122成体・卵嚢1個
20京田辺市JR三山木(みやまき)駅高架下の駐輪場20住民5成体・卵嚢2個京都府(報道発表1190677558443号)駐輪場で発見.住民の自転車にも付着.京田辺市初記録
21近鉄三山木駅5235-1652山城北保健所3成体駐輪場
22城陽市寺田大谷・サンガタウン城陽103サンガタウン城陽職員成体約10個体・卵嚢数十個京都府(報道発表1191401086376号)
23木津川市梅美台1丁目17住民成体約50個体・卵嚢約300個京都府(報道発表1191401086376号)
24京田辺市近鉄三山木駅付近5235-16533027成体京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」
25宇治市広野町八軒屋谷11131成体・卵嚢4個側溝
26京田辺市山手西20086244成体
27八幡市国道1号線八幡洞ヶ峠交差点5235-2516819住民7成体・卵嚢6個京都府山城北保健所2008年8月20日付毎日新聞
28精華町祝園西1丁目8201成体京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」
29光台5丁目933成体
30桜が丘4丁目53成体・卵嚢6個
31京田辺市多々羅西平川原83成体・卵嚢数十個
32精華町精華台7丁目4成体
33京田辺市山手西2丁目95成体
34相楽郡南山城村童仙房111♀南山城村初記録
35京田辺市山手西2丁目229成体・卵嚢12個
36多々羅西平川原2420成体・卵嚢30個
37田辺針ヶ池1062成体・卵嚢5個
38精華町光台6丁目1成体
39光台9丁目1成体
40宇治市広野町141成体
41京田辺市三山木田中1610成体・卵嚢20個
42田辺丸山30成体約30個体・卵嚢約30個
43多々羅都谷1141成体
44三山木奥駒ヶ谷3247成体・卵嚢7個
45三山木口駒ヶ谷20094131成体
46三山木田中6111成体・卵嚢5個
47木津川市州見台(くにみだい)1丁目814成体十数個体
48京田辺市三山木柳ヶ町171成体
49向日市向日町南山211成体
50京田辺市三山木綾ヶ谷941成体
51142成体・卵嚢約10個
52城陽市芦原161成体
53京都市伏見区淀水垂町・市立公園1013住民・保健所職員15♀・17幼体・卵嚢2個京都市生活衛生課2009年10月15日付新聞各紙
54綴喜郡井手町多賀1625成体・5幼体・卵嚢60個京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」井手町初記録
55京都市下京区・小学校生徒1個体2010年3月14日付毎日新聞下京区初記録
56八幡市欽明台北5235-25071122成体京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」
57宇治市大久保町西ノ端96成体・卵嚢約10個
58京都市伏見区桃山町大蔵・伏見桃山上運動公園121513成体・27幼体・卵嚢3個京都市2009年12月17日付新聞各紙
59宇治市五ケ庄三番割166成体・卵嚢約10個京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」
60京都市南区上鳥羽鉾立町・鉾立公園28市民・南区保健所職員8♀・25幼体・卵嚢4個京都市2009年12月29日付新聞各紙
61宇治市五ケ庄三番割20105316成体京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」
62八幡市八幡沢172720成体
63京田辺市三山木上谷浦8301成体
64木津川市梅美台6丁目9153成体
65京都市左京区静市市原町・共同墓地24市民20個体・卵嚢4個京都市2010年9月25日付新聞各紙左京区初記録
66長岡京市久貝2丁目1025卵嚢3個京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」
67亀岡市東つつじケ丘曙台1141成体丹波地域初記録
68向日市南山2011712成体
69鶏冠井町(かいでちょう)石橋9202成体・卵嚢1個
70久御山町林高黒1032亜成体
備考

1.相楽郡加茂町・木津町および山城町は,2007年3月12日に合併して,「木津川市」となりました.
2.合併後の町名は「加茂町駅東3丁目」となります.
3.合併後の町名も同じです.
4.合併後は,「大字」・「小字」を削除して,「市坂久保川」となりました.
5.町内の字の名称が変更となり,2009年3月28日からは「大字」・「小字」を削除して,「佐古外屋敷」となりました.
6.以上のように,現在までに府南部(洛南地方)を中心とした9市3町1村で生息が確認されています.
7.京都府による常設サイト京都府「セアカゴケグモ生息確認情報」
 京都府は2005年10月にJR賀茂駅付近で初めて見つかって以来の府下におけるセアカゴケグモ発見状況が公開されています.
 この資料の中には、京都市のデータは含まれておりません.これは、京都市が府の機能の一部を委託されて独自に保健所を運営する「政令指定都市」であるためと思われます.なお,政令指定都市に次ぐ規模の市が指定される「中核市」も独自の保健所を持ちます.現時点では京都府に中核市は存在しませんが,今後誕生した際には,以後のデータが本資料に漏れる可能性があります.この点,御注意ください.
8.セアカゴケグモは下記の都道府県等で確認されています.


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 9994, today: 3, yesterday: 0
Princeps date: 2006-01-15 (Sun) 09:52:16
Last-modified: 2019-04-05 (Fri) 00:21:04 (JST) (73d) by iaguti
毒グモ騒動の真実 好評販売中!
目次
第1章 セアカゴケグモの発見と波紋
第2章 ゴケグモとはどのようなクモか
第3章 1996年以降の分布拡大
第4章 社会現象のとしての「毒グモ騒動」
第5章 外来生物としてのゴケグモとのつきあい方
第6章 クモと日本人

セアカゴケグモについては、死亡例もある毒グモということで、発見時点ではセンセーショナルな取り上げ方をされた。一方、分布の拡大が続いているにもかかわらずあまり報道されない現状もある。本書を読めば、具体的にどの程度の危険があるのか等の点も含め詳しい情報を得ることができる。また、巻頭には日本に侵入したゴケグモ類のカラー写真とそれを用いた検索があり、身近で見つけたクモがゴケグモ類であるか否か、ゴケグモであればどの種であるかを見分けることができる。...ゴケグモが見つかっているが、本書によって同定と落ち着いた対処(かまれないように注意する必要があるが、あまり神経質になるほどではない)を取ることができた。この巻頭の部分だけでも学校や公的な図書館に備える価値があると思われる。(教育関係MLより抜粋)


おすすめの新本


おすすめの本



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2