メインメニュー


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


ゴケグモ類のメーリングリストが始まる!
セアカゴケグモやハイイロゴケグモが分布を拡大しています。最近でも東京都でセアカゴケグモが見つかりました。関東地方でも普通種となるかもしれません。

ゴケグモ類の分布拡大により、関係機関への問い合わせが増えることと思います。そんな時にこのメーリングリストに入っておけば、最新の情報が得られます。年度途中の参加は無料ですから、ぜひご参加ください。

参加を希望される方は、
gokegumo@gmail.com
へ登録するメールアドレスから「ML参加希望」というタイトルのメールをください。


ゴケグモ類を発見した時の対処法 anchor.png

セアカゴケグモなどのゴケグモ類を見つけたら、次のようにしましょう。

1.種類を見分けましょう。なるべく大きなメスをデジタルカメラで背面と腹面から写真を撮影して、軍手をしてから捕獲します。インスタントコーヒーの空き瓶などにつかまえてください。保健所などに持ち込んで、同定してもらってください。

当サイトでも同定依頼を受け付けています。携帯電話のデジカメで撮影した写真(写メールの画像)や、通常のデジカメの写真は、

mailbbs@insbase.ac

へ添付ファイルでお送りください。次のURLでお答えします。

http://www.insbase.ac/xoops2/modules/mailbbs/

画像ファイル名は半角英数字しか受け付けません。デジカメで撮影した画像を添付ファイルでパソコンからメールで送る場合には、ご注意ください。

また、左側のメニューの「フォーラム」の「ゴケグモ情報」、「画像集」でも画像を貼り付けられます。

あるいは当センター管理者の清水のアドレス、

itiboku04@mail.goo.ne.jp

まで、デジタル画像を添付して送っていただいてもよろしいです。

2.どの範囲に拡がっているか調べましょう。狭い範囲であれば、撲滅も可能です。その後、保健所や自治体へ通報しましょう。広く生息する自治体では、対策しないところも多いようですので、咬まれないように自衛しましょう。

3.ゴケグモ類の存在を住民に周知しましょう。幼稚園、保育所、小中学校のグランドなどの側溝に多いので、園児、小学生に通知します。

4.野外で作業する際には、軍手などの手袋の常用を徹底しましょう。

クモ類はハチ類とともに殺虫剤に対して敏感で抵抗性が弱いです。特にピレスロイド系殺虫剤に弱いというデータがあります。大阪府のセアカゴケグモは、フィルムコンタクト100mg/屬如▲侫┘離肇螢鵝▲撻襯瓮肇螢鵑15〜20分程度でノックダウンし死に至ると言われています。ダイアジノン、フェニトロチオンは遅く90〜120分以上となります。チャバネゴキブリに対する効果と大差無く、エアゾール殺虫剤を直接スプレーすれば簡単に殺せます(永田,1995)が、天敵相の保全と人に対する影響を考えて殺虫剤の使用は極力避けたいところです。

ゴケグモ類は、腹部腹面にツヅミ型の赤色の紋を持ちます。今後も新たなゴケグモ属の種類が侵入する可能性がありますので、この特徴は有効な識別形質と言えるでしょう。生息環境はどの種類でも同様と思われ、日当たりのよい所で、多くの車や人の出入りがある駐車場の周り、特に側溝の鉄格子(グレーチング)や集水桝の蓋の裏側に多いです。コンクリート製のブロックや野積みされた建築資材のすき間、廃タイヤの内側、用壁の水抜き穴などからも発見されます。子グモがバルーニングにより移動するという事実はなく、建築資材に付着した巣がそのまま運ばれて、分布を拡げていると思われます。工事現場の撤収と運搬の際に、チェックを徹底する必要があります。

ゴケグモ類と外来生物法

ゴケグモ類に咬まれたら


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 14387, today: 3, yesterday: 1
Princeps date: 2006-01-14 (Sat) 14:03:42
Last-modified: 2009-06-23 (Tue) 13:09:10 (JST) (3772d) by kana
毒グモ騒動の真実 好評販売中!
目次
第1章 セアカゴケグモの発見と波紋
第2章 ゴケグモとはどのようなクモか
第3章 1996年以降の分布拡大
第4章 社会現象のとしての「毒グモ騒動」
第5章 外来生物としてのゴケグモとのつきあい方
第6章 クモと日本人

セアカゴケグモについては、死亡例もある毒グモということで、発見時点ではセンセーショナルな取り上げ方をされた。一方、分布の拡大が続いているにもかかわらずあまり報道されない現状もある。本書を読めば、具体的にどの程度の危険があるのか等の点も含め詳しい情報を得ることができる。また、巻頭には日本に侵入したゴケグモ類のカラー写真とそれを用いた検索があり、身近で見つけたクモがゴケグモ類であるか否か、ゴケグモであればどの種であるかを見分けることができる。...ゴケグモが見つかっているが、本書によって同定と落ち着いた対処(かまれないように注意する必要があるが、あまり神経質になるほどではない)を取ることができた。この巻頭の部分だけでも学校や公的な図書館に備える価値があると思われる。(教育関係MLより抜粋)


おすすめの新本


おすすめの本



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2