メインメニュー


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


ゴケグモ類のメーリングリストが始まる!
セアカゴケグモやハイイロゴケグモが分布を拡大しています。最近でも東京都でセアカゴケグモが見つかりました。関東地方でも普通種となるかもしれません。

ゴケグモ類の分布拡大により、関係機関への問い合わせが増えることと思います。そんな時にこのメーリングリストに入っておけば、最新の情報が得られます。年度途中の参加は無料ですから、ぜひご参加ください。

参加を希望される方は、
gokegumo@gmail.com
へ登録するメールアドレスから「ML参加希望」というタイトルのメールをください。


1995年12月6日朝日新聞 【カテゴリー:新聞anchor.png

[テーマ 1995年12月4・5日に北九州市で,5日に大川市と苅田町でセアカゴケグモの調査が実施されました.ゴケグモ類の発見はありませんでした.[福岡県]→備考1
[テーマ◆12月5日に,大阪府立公衆衛生研究所による毒性試験の結果が発表されました.[毒性・大阪府]
[テーマ]同日,岡山県内の5港湾と空港で調査が実施されました.「毒グモ」は確認されませんでした.[岡山県]→備考2
[テーマぁ麓賀県在住の吉田猛雄氏の意見が掲載されました.[投書]

表題紙名社名・本支社掲載日付紙齢記事量見出写真・図表
【声】毒グモ退治に薬剤やめよう 朝日新聞朝日新聞社大阪本社1995年12月6日5頁オピニオン面41050号(なし)
毒グモはみつからず 県、岡山市など 6カ所で調査 29頁岡山版32行3段(なし)
セアカゴケグモ 「毒は弱かった」 大阪府 マウス実験で確認 30頁社会面13版60行3段(なし)
セアカゴケグモ 「毒は微量 重症にならぬ」 府がマウス使い検査 幼児・お年寄りは「まひ」も 社会面14版55行3段(なし)
毒グモは「なし」北九州市のセアカゴケグモ調査終了 西部本社福岡版41047号(なし)
毒グモ「セアカゴケグモ」発見はなし 大川市・苅田町で調査 (なし)
毒グモそんなに怖くない 大阪府が毒性検査 東京本社34頁社会面14版39442号40行3段(なし)
備考

1.北九州市門司区では,12月4日の調査でハイイロゴケグモが捕獲されていたことが,後に判明しました.
2.岡山県で最初にセアカゴケグモが発見されたのは2008年4月25日で,発見地は水島港でした.当初の目の付け所は正しかったと言えましょう.
3.この時期,「セアカゴケグモの毒性は弱く,死亡の恐れはない」という観測が流布しましたが,これは住民を安心させたいという行政側の配慮に基づく希望的観測です.翌年,府は再度毒性検査を実施し,従来の知見通り毒性は強かったと訂正しています.
4.「同時に百匹に咬まれても死亡することはない」は自然毒の知識を欠いた憶測です.オーストラリアでは実際に死者が出ています.
5.大阪府は「専門家の情報をそのまま伝えてしまった」と弁明したようですが,これは「『専門家』が嘘をついていた」と言っているのと同じ暴論です.


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2416, today: 2, yesterday: 1
Princeps date: 2007-03-22 (Thu) 14:21:08
Last-modified: 2020-06-22 (Mon) 23:33:26 (JST) (22d) by iaguti
毒グモ騒動の真実 好評販売中!
目次
第1章 セアカゴケグモの発見と波紋
第2章 ゴケグモとはどのようなクモか
第3章 1996年以降の分布拡大
第4章 社会現象のとしての「毒グモ騒動」
第5章 外来生物としてのゴケグモとのつきあい方
第6章 クモと日本人

セアカゴケグモについては、死亡例もある毒グモということで、発見時点ではセンセーショナルな取り上げ方をされた。一方、分布の拡大が続いているにもかかわらずあまり報道されない現状もある。本書を読めば、具体的にどの程度の危険があるのか等の点も含め詳しい情報を得ることができる。また、巻頭には日本に侵入したゴケグモ類のカラー写真とそれを用いた検索があり、身近で見つけたクモがゴケグモ類であるか否か、ゴケグモであればどの種であるかを見分けることができる。...ゴケグモが見つかっているが、本書によって同定と落ち着いた対処(かまれないように注意する必要があるが、あまり神経質になるほどではない)を取ることができた。この巻頭の部分だけでも学校や公的な図書館に備える価値があると思われる。(教育関係MLより抜粋)


おすすめの新本


おすすめの本



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2