メインメニュー


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


ゴケグモ類のメーリングリストが始まる!
セアカゴケグモやハイイロゴケグモが分布を拡大しています。最近でも東京都でセアカゴケグモが見つかりました。関東地方でも普通種となるかもしれません。

ゴケグモ類の分布拡大により、関係機関への問い合わせが増えることと思います。そんな時にこのメーリングリストに入っておけば、最新の情報が得られます。年度途中の参加は無料ですから、ぜひご参加ください。

参加を希望される方は、
gokegumo@gmail.com
へ登録するメールアドレスから「ML参加希望」というタイトルのメールをください。


3: 2006-01-28 (Sat) 13:18:17 source 4: 2006-01-31 (Tue) 19:07:08 source
Line 3: Line 3:
セアカゴケグモを含むゴケグモ類の文献リストです。ABC順です。他にご存知でしたら、お知らせください。 セアカゴケグモを含むゴケグモ類の文献リストです。ABC順です。他にご存知でしたら、お知らせください。
-Abalos, J. W. (1980) Las aranas del genero Latrod- ectus en la Argentina. Obara del Centenario del  Museo de la Plata 6:29-51.+[A]
-Bart毒グモ取材班 (1996) 「日本外生物」に過剰反  応するのはなぜか? 大阪・毒グモ・パニックに見る,  日本人の「深層心理」.Bart 6(3)(1996.1.22号):  48-49.+[[Abalos, J. W.(1980)]] Las aranas del genero Latrod- ectus en la Argentina. Obara del Centenario del  Museo de la Plata 6:29-51.
-Brignoli, P. M. (1983) A Catalogue of the Araneae  described between 1940 and 1981, pp. i-xi + 1-    755. Manchester, Manchester Univ. Press.+[B]
-Cambridge, F. P. (1902) On the spider of genus La- trodectus, Walckenaer. Proc. Zool. Soc. London 1 :247-261, pls. 26-27.+[[Bart毒グモ取材班(1996)]] 「日本外生物」に過剰反 応するのはなぜか? 大阪・毒グモ・パニックに見る,  日本人の「深層心理」.Bart 6(3)(1996.1.22号): 48-49.
-Forster, L. (1995) The behavioral ecology of Latr- odectus hasselti (Thorell), Australian red back  spider (Araneae: Theridiidae): a review. Records  of the Western Australian Museum Supplement      (52):13-24.+[[Brignoli, P. M.(1983)]] A Catalogue of the Araneae  described between 1940 and 1981, pp. i-xi + 1-    755. Manchester, Manchester Univ. Press.
-Gertsch, W. J. (1949) American Spiders, pp. xiii +  285, D. Van Nostrand Company, Inc..+[C]
-原田 晋(1995) 特別発言「皮膚科学の立場から」. セアカゴケグモの制圧とその対策.日本衛生動物学会 西日本支部公開セミナー講演要旨,pp. 12.+[[Cambridge, F. P.(1902)]] On the spider of genus La- trodectus, Walckenaer. Proc. Zool. Soc. London 1 :247-261, pls. 26-27.
-池原貞雄・下謝名松栄 (1975) 沖縄の陸の動物,p102,那覇,風土記社.+[[Forster, L.(1995)]] The behavioral ecology of Latr- odectus hasselti (Thorell), Australian red back  spider (Araneae: Theridiidae): a review. Records  of the Western Australian Museum Supplement      (52):13-24.
-加納六郎 (1991) 日本の有毒動物−その基礎と臨床 −.加納六郎博士退官記念会.+[[Gertsch, W. J.(1949)]] American Spiders, pp. xiii + 285, D. Van Nostrand Company, Inc..
-加納六郎 (1995) 毒グモに咬まれたらどうなる?ど うする?−セアカゴケグモ咬症の症状と治療−セアカ ゴケグモの制圧とその対策.日本衛生動物学会西日本  支部公開セミナー講演要旨,pp. 8.+[[原田 晋(1995)]] 特別発言「皮膚科学の立場から」. セアカゴケグモの制圧とその対策.日本衛生動物学会 西日本支部公開セミナー講演要旨,pp. 12.
-Kaston, B. J. (1952) How to know the Spider, pp.    220, Iowa, WM. C. Brown Company.+[[池原 貞雄・下謝名 松栄(1975)]] 沖縄の陸の動物,p. 102,那覇,風土記社.
-Levi,H. W.(1959The spider genus Latrodectus    (Araneae, Theridiidae). Trans. am. microsc. Soc.  78:7-43.+[[加納 六郎(1991)]] 日本の有毒動物−その基礎と臨床 −.加納六郎博士退官記念会.
-Levi,H. W.(1983) On the value of genitalic str-  ucture and coloration in separating species of    widow spiders (Latrodectus sp.)(Arachnida: Aran- eae: Theridiidae). Verh. naturwiss. Ver. Hamburg  26:195-200.+[[加納 六郎(1995)]] 毒グモに咬まれたらどうなる?ど うする?−セアカゴケグモ咬症の症状と治療−セアカ  ゴケグモの制圧とその対策.日本衛生動物学会西日本  支部公開セミナー講演要旨,pp. 8.
-Levi, H. W. & L. R. Levi (1968) Spiders and their  kin, pp. 16-17, 42-43, New York, Golden Press.+[[Kaston, B. J.(1952)]] How to know the Spider, pp.   220, Iowa, WM. C. Brown Company.
-McCrone,J. D.(1964)Comparative lethalty of several Latrodectus venoms. Toxicon 2:291-303.+[[Levi,H. W.1959)]]  The spider genus Latrodectus   (Araneae, Theridiidae). Trans. am. microsc. Soc.  78:7-43.
-McCrone,J. D. & H. W. Levi (1966) Postembryological development of spiderlings from two Peruvian Latrodectus population. Psyche 73(3):180-186.+[[Levi,H. W.(1983)]] On the value of genitalic str-  ucture and coloration in separating species of    widow spiders (Latrodectus sp.)(Arachnida: Aran-  eae: Theridiidae). Verh. naturwiss. Ver. Hamburg  26:195-200.
-Minton,S. A.(1978) 「有害動物による疾患(大利昌 久・鎮西弘・須山一兵訳)」,p.29-42,東京,日本熱  帯医学協会.+[[Levi, H. W.・L. R. Levi(1968)]] Spiders and their  kin, pp. 16-17, 42-43, New York, Golden Press.
-永田健二 (1995) (3)セアカゴケグモ 駆除か? 共  存か?.セアカゴケグモの制圧とその対策.日本衛生  動物学会西日本支部公開セミナー講演要旨,pp. 6-7.+[[McCrone,J. D.(1964)]] Comparative lethalty of several Latrodectus venoms. Toxicon 2:291-303.
-日本蜘蛛学会 (1996) 港湾別セアカゴケグモ分布国  別品目別輸入量.別添資料.+[[McCrone,J. D.・H. W. Levi(1966)]] Postembryological development of spiderlings from two Peruvian Latrodectus population. Psyche 73(3):180-186.
-夏原由博 (1996) セアカゴケグモの生態と刺咬症へ  の対応.生活衛生 40(1):13-21.+[[Minton,S. A.(1978)]] 「有害動物による疾患(大利昌  久・鎮西弘・須山一兵訳)」,p.29-42,東京,日本熱  帯医学協会.
-西川喜朗(1976) オーストラリアの有毒のクモについ  て.オーストラリア研究紀要,(2):176-193.追手門学  院大学オーストラリア研究所.+[N]
-西川喜朗 (1995a) 毒グモに注意! セアカゴケグモ  が大阪に上陸.Nature Study 41(12):11-12.+[[永田 健二(1995)]] (3)セアカゴケグモ 駆除か? 共  存か?.セアカゴケグモの制圧とその対策.日本衛生  動物学会西日本支部公開セミナー講演要旨,pp. 6-7.
-西川喜朗(1995b) (1)セアカゴケグモとはどんなクモ か? セアカゴケグモの制圧とその対策.日本衛生動  物学会西日本支部公開セミナー講演要旨,pp. 1-4.+[[日本蜘蛛学会(1996)]] 港湾別セアカゴケグモ分布国 別品目別輸入量.別添資料.
-西川 喜朗・桂 孝次郎(1996) ハイイロゴケグモも大 阪に上陸.Nature Study 42(1):19,24.+[[夏原 由博(1996)]] セアカゴケグモの生態と刺咬症へ の対応.生活衛生 40(1):13-21.
-西川喜朗・冨永修(1996) セアカゴケグモ,その後. Nature Study 42(1):21-22,24.+[[西川 喜朗(1976)]] オーストラリアの有毒のクモについ て.オーストラリア研究紀要,(2):176-193.追手門学  院大学オーストラリア研究所.
-奥野良信 (1996) セアカゴケグモの毒性と咬まれた 場合の対処の仕方.救急医療ジャーナル 4(1):62-64.+[[西川 喜朗(1995a)]] 毒グモに注意! セアカゴケグモ が大阪に上陸.Nature Study 41(12):11-12.
-小野展嗣 (1993) 毒グモに対する誤解.朝日百科. 動物たちの地球 (82):306-307.+[[西川 喜朗(1995b)]] (1)セアカゴケグモとはどんなクモ か? セアカゴケグモの制圧とその対策.日本衛生動  物学会西日本支部公開セミナー講演要旨,pp. 1-4.
-Ono, H. (1995) Records of Latrodectus geometricus  (Araneae: Theridiidae) from Japan. Acta arachnol.  44(2):167-170.+[[西川 喜朗・金沢 至(1996)]]
-Platnick, N. I. (1989) Advances in Spider Taxonomy  1981-1987, pp. 1-673, Manchester and New York,    Manchester Univ. Press.+[[西川 喜朗・桂 孝次郎(1996)]]
-Platnick, N. I. (1993) Advances in Spider Taxonomy 1988-1991, pp. 1-846, New York, New York Entomological Soc..+[[西川 喜朗・冨永 修(1996)]] セアカゴケグモ,その後. Nature Study 42(1):21-22,24.
-Roewer, C. Fr. (1942) Katalog der Araneae. 1 band, pp. i-viii + 1-1040, Berlin, Bremen.+[[奥野 良信(1996)]] セアカゴケグモの毒性と咬まれた 場合の対処の仕方.救急医療ジャーナル 4(1):62-64.
-Roewer, C. Fr. (1954) Katalog der Araneae. 2 band, Abt. b, pp.927-1751, Bruxelles..+[[小野 展嗣(1993)]] 毒グモに対する誤解.朝日百科. 動物たちの地球 (82):306-307.
-Thorp, R. W. & W. D. Woodson (1976) The Black Wid- ow Spider, pp. xi + 222, New York, Dover Pub.,    Inc..+[[Ono, H.(1995)]] Records of Latrodectus geometricus  (Araneae: Theridiidae) from Japan. Acta arachnol.   44(2):167-170.
-Tu, A. T. (1996) 話題の小さな侵略者 セアカゴケ  グモ その毒の正体は何か?.化学 51(2):101-104.+[[小野 展嗣(2002a)]]
-梅谷献二編 (1994) 原色図鑑「野外の毒虫と不快な  虫」全国農村教育協会,東京.+[[小野 展嗣(2002b)]]
-八木沼健夫 (1960) 原色日本蜘蛛類大図鑑,p. 135, 大阪, 保育社.+[[Platnick, N. I.(1989)]] Advances in Spider Taxonomy 1981-1987, pp. 1-673, Manchester and New York,   Manchester Univ. Press.
-八木沼健夫 (1969) クモの話−よみもの動物記−,  p. 14, 東京,北隆館.+[[Platnick, N. I.(1993)]] Advances in Spider Taxonomy 1988-1991, pp. 1-846, New York, New York Entomological Soc..
-八木沼健夫 (1986) 原色日本クモ類図鑑,pp. 49-  50, pl. 11, 大阪,保育社.+[[Roewer, C. Fr.(1942)]] Katalog der Araneae. 1 band, pp. i-viii + 1-1040, Berlin, Bremen.
-八木沼健夫・平嶋義宏・大熊千代子 (1990) クモの 学名と和名,pp. 287, 福岡,九州大学出版会.+[[Roewer, C. Fr.(1954)]] Katalog der Araneae. 2 band, Abt. b, pp.927-1751, Bruxelles..
-吉葉繁雄 (1995) セアカゴケグモの謎.産経新聞夕  刊(12月7日):5.+[T]
-吉元征二 (1995) 特別発言「行政の立場から」.セ  アカゴケグモの制圧とその対策.日本衛生動物学会西  日本支部公開セミナー講演要旨,pp. 16-17.+[[Thorp, R. W. & W. D. Woodson(1976)]] The Black Wid- ow Spider, pp. xi + 222, New York, Dover Pub.,    Inc..
-Wiener, S. (1961) Red back spider bite in Australia: An analysis of 167 class. Med. J. Aust. 2(2)  :44-49.+[[東條 清(1996)]] 
 + 
 +[[東條 清(1997)]] 
 + 
 +[[東條 清(2000)]] 
 + 
 +[[Tu, A. T.(1996)]] 話題の小さな侵略者 セアカゴケ  グモ その毒の正体は何か?.化学 51(2):101-104. 
 + 
 +[U] 
 + 
 +[[梅谷 献二(1994)]] 原色図鑑「野外の毒虫と不快な  虫」全国農村教育協会,東京. 
 + 
 +[Y] 
 + 
 +[[八木沼 健夫(1960)]]  原色日本蜘蛛類大図鑑,p. 135,  大阪, 保育社. 
 + 
 +[[八木沼 健夫(1969)]]  クモの話−よみもの動物記−,  p. 14, 東京,北隆館. 
 + 
 +[[八木沼 健夫(1986)]] 原色日本クモ類図鑑,pp. 49-  50, pl. 11, 大阪,保育社. 
 + 
 +[[八木沼 健夫・平嶋 義宏・大熊 千代子(1990)]] クモの  学名と和名,pp. 287, 福岡,九州大学出版会. 
 + 
 +[[吉葉 繁雄(1995)]] セアカゴケグモの謎.産経新聞夕  刊(12月7日):5. 
 + 
 +[[吉田 哉(2003)]] 
 + 
 +[[吉田 誠(2004)]] 
 + 
 +[[吉元 征二(1995)]] 特別発言「行政の立場から」.セ  アカゴケグモの制圧とその対策.日本衛生動物学会西  日本支部公開セミナー講演要旨,pp. 16-17. 
 + 
 +[W] 
 + 
 +[[Wiener, S.(1961)]] Red back spider bite in Australia: An analysis of 167 class. Med. J. Aust. 2(2)  :44-49.


Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 12044, today: 2, yesterday: 0
毒グモ騒動の真実 好評販売中!
目次
第1章 セアカゴケグモの発見と波紋
第2章 ゴケグモとはどのようなクモか
第3章 1996年以降の分布拡大
第4章 社会現象のとしての「毒グモ騒動」
第5章 外来生物としてのゴケグモとのつきあい方
第6章 クモと日本人

セアカゴケグモについては、死亡例もある毒グモということで、発見時点ではセンセーショナルな取り上げ方をされた。一方、分布の拡大が続いているにもかかわらずあまり報道されない現状もある。本書を読めば、具体的にどの程度の危険があるのか等の点も含め詳しい情報を得ることができる。また、巻頭には日本に侵入したゴケグモ類のカラー写真とそれを用いた検索があり、身近で見つけたクモがゴケグモ類であるか否か、ゴケグモであればどの種であるかを見分けることができる。...ゴケグモが見つかっているが、本書によって同定と落ち着いた対処(かまれないように注意する必要があるが、あまり神経質になるほどではない)を取ることができた。この巻頭の部分だけでも学校や公的な図書館に備える価値があると思われる。(教育関係MLより抜粋)


おすすめの新本


おすすめの本



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2