メインメニュー


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


ゴケグモ類のメーリングリストが始まる!
セアカゴケグモやハイイロゴケグモが分布を拡大しています。最近でも東京都でセアカゴケグモが見つかりました。関東地方でも普通種となるかもしれません。

ゴケグモ類の分布拡大により、関係機関への問い合わせが増えることと思います。そんな時にこのメーリングリストに入っておけば、最新の情報が得られます。年度途中の参加は無料ですから、ぜひご参加ください。

参加を希望される方は、
gokegumo@gmail.com
へ登録するメールアドレスから「ML参加希望」というタイトルのメールをください。


咬傷例・アカオビゴケグモ 【カテゴリー:咬傷anchor.png

 分布データを参照するには,各都道府県あるいは市町村名をクリックしてください.御質問は管理人まで.

発生年月日都道府県市町村地名その他被害者状況部位経過公表機関出典備考
11953沖縄県石垣島金沢・西川・冨永(1996)
21955617石垣島20歳男性農作業中痛みが4日間大利昌久(1973)クロゴケグモによる咬傷症状に酷似
38八重山郡竹富町波照間島41歳女性農作業中咬傷部のしびれが約1週間下謝名松榮(1996)
419959女性農作業中人差指5〜6日で治癒1996年3月16日付 新聞各紙
1995年以前には八重山群島において4件の咬傷例があったという情報があり,現在確認を急いでおります.また,症状は軽微とされていますが,一部に「重篤に陥った」という説もあり,こちらについても調査中です.
備考

1.発生順に配置しました.
2.被害者の年齢は発生当時のものです.
3.原則として,被害者の実名は伏せてあります.ただし,学術雑誌等に本人による手記・レポートが掲載された場合にはこの限りではありません.また,プライバシー保護のために,詳しい地名は省略しています.御了承ください.
4.ここには安全性の宣伝などの目的で咬ませたような実験(パフォーマンス)例は収録しておりません.
5.一部の研究者は,「これらの咬傷例の相当部分が,セアカゴケグモに実際に咬まれたものではなく,他の小動物による被害を恐怖心から誤認したものである」と主張していますが,そのほとんどは類推によるもので,新事実を提示したものではありません.特に,新聞の簡単な記述を根拠とした場合は,先入観に支配されやすいので,注意を要します.最近では,クモを医療機関に持参する例が多く,概して信頼性は高いものと考えられます.大阪府の場合は特に被害届けが多く,公的期間はその中で確実なケースのみを公表しているという事実に留意するべきです.
6.大阪府のホームページでも咬傷情報を閲覧できます.
7.「経過」欄の「血清」は抗毒素血清を投与,「同定」は咬んだクモが専門家(保健所職員・医師・クモ学者)による同定(種の確認)でゴケグモ類であることが確認されたケースを示します.
8.実際に被害にあった場合には,「ゴケグモ類に咬まれたら」を参照してください.


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 20, today: 2, yesterday: 1
Princeps date: 2021-05-05 (Wed) 20:58:46
Last-modified: 2021-05-06 (Thu) 12:53:12 (JST) (50d) by iaguti
毒グモ騒動の真実 好評販売中!
目次
第1章 セアカゴケグモの発見と波紋
第2章 ゴケグモとはどのようなクモか
第3章 1996年以降の分布拡大
第4章 社会現象のとしての「毒グモ騒動」
第5章 外来生物としてのゴケグモとのつきあい方
第6章 クモと日本人

セアカゴケグモについては、死亡例もある毒グモということで、発見時点ではセンセーショナルな取り上げ方をされた。一方、分布の拡大が続いているにもかかわらずあまり報道されない現状もある。本書を読めば、具体的にどの程度の危険があるのか等の点も含め詳しい情報を得ることができる。また、巻頭には日本に侵入したゴケグモ類のカラー写真とそれを用いた検索があり、身近で見つけたクモがゴケグモ類であるか否か、ゴケグモであればどの種であるかを見分けることができる。...ゴケグモが見つかっているが、本書によって同定と落ち着いた対処(かまれないように注意する必要があるが、あまり神経質になるほどではない)を取ることができた。この巻頭の部分だけでも学校や公的な図書館に備える価値があると思われる。(教育関係MLより抜粋)


おすすめの新本


おすすめの本



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2